火災保険利用リフォーム

実は、あなたの隣のおうちも上手く活用しているかも。
火災保険は、屋根の修理にも使えること、ご存知でしたか?

火災保険とは?

家を購入したときなど、皆様も火災保険に加入していらっしゃるのではないでしょうか。
火災保険に加入していると、もし住宅が火事になったときなどに、保険会社から補填されます。 一般的に、火災、落雷、爆発、風災・雪災・雹災、外部からの物の落下や飛来など様々です。(加入している保険によって、対象が変わりますのでご注意を)
ここで重要なのは、火事でなくても、台風で瓦が飛んでしまった、といったような屋根の被害も火災保険の対象になるということです。

例えばこんな被害
瓦の破損
瓦の浮き
漆喰のはがれ
困ったな

困ったな…

とはいえ、屋根はなかなか見れないし、自分であがるのは危ない。
オオサワ創研は、無料で屋根診断を行っております。
希望される方は、下のボタンをクリックして、お申込みフォームよりお問合せください。

無料屋根診断をご希望の方はこちら
無料屋根診断をご希望の方はこちら
 

よくある質問

あまり聞いたことがないんだけど…

1

あまり聞いたことがないんだけど…

そうなんです。「自然災害に火災保険が使える」ことを知らない方も多いんです。
また、保険申請には専門知識が必要となるため、ひとりで申請するのはかなり難しいということもあります。
オオサワ創研は、保険申請の手続きをお手伝いいたしますのでご安心ください。…

そうなんです。「自然災害に火災保険が使える」ことを知らない方も多いんです。
また、保険申請には専門知識が必要となるため、ひとりで申請するのはかなり難しいということもあります。
オオサワ創研は、保険申請の手続きをお手伝いいたしますのでご安心ください。…

保険料が上がったりしないの?

2

保険料が上がったりしないの?

火災保険には、自動車保険のように等級がないため、保険料が上がるという心配はありません。

火災保険には、自動車保険のように等級がないため、保険料が上がるという心配はありません。

保険料が下りたら、それで他の工事も出来る?

3

保険料が下りたら、それで他の工事も出来る?

保険料はあくまで被災箇所の修繕にお使いいただくものとなっています。
ただし、足場のからむほかの工事(外壁塗装など)を一緒に済ませてしまうことは
可能です。
※他の工事は実費費用が発生しますが、足場の費用がかからないため、費用を抑えることが出来ます。

保険料はあくまで被災箇所の修繕にお使いいただくものとなっています。
ただし、足場のからむほかの工事(外壁塗装など)を一緒に済ませてしまうことは可能です。
※他の工事は実費費用が発生しますが、足場の費用がかからないため、費用を抑えることが出来ます。

どんな保険会社でも申請できますか?

4

どんな保険会社でも申請できますか?

一般的な民間の保険会社などであれば、保険申請は可能です。
ただし、契約されている保険の内容によっては申請できない場合もございます。
ご確認のためにも、まずはご加入中の保険会社をお知らせください。

一般的な民間の保険会社などであれば、保険申請は可能です。
ただし、契約されている保険の内容によっては申請できない場合もございます。
ご確認のためにも、まずはご加入中の保険会社をお知らせください。

屋根が傷んだまま放っておくと、雨漏りなどさらに大変な状態になってしまうこともあります。
まずは、屋根の状態を確認してみませんか?是非、オオサワ創研にお問い合わせください!

無料屋根診断をご希望の方はこちら
無料屋根診断をご希望の方はこちら
  • Webでのお問い合わせ
  • 住宅・リフォームに関するお問い合わせはこちら 0120-96-8490